• ホーム
  • リウマチの症状とは
  • 受診前の準備
  • いざ受診へ
  • 治療がはじまる
  • 治療を継続する

リウマチの症状とは 〜あれ?もしかしてリウマチ?〜

監修:順天堂大学医学部附属順天堂医院 膠原病・リウマチ内科 教授 髙崎 芳成

関節リウマチとは?

「朝、手がこわばって、動かない」「関節が腫れて、痛いし、だるい」そのつらさを、他人にはなかなかわかってもらえない関節リウマチ。
実は自己免疫疾患のひとつでもあることをご存じですか?

「女性がなる病気」と思われがちですが、男性の患者さんも2割程います。
現在日本には、70万人以上の関節リウマチ患者さんがいるといわれています。
昔から「なかなか打つ手がない」とか「一生、痛みと付き合っていかなければ」という印象もありました。

でも今、関節リウマチ治療は大きく進歩しています。
新しい薬も次々と開発され、「寛解*」を目指し、さらに「寛解」を維持させる時代になってきています。
関節リウマチは、早め早めに治療することが大切です。
まずは、リウマチ専門医に相談してください。

*寛解(かんかい)=リウマチ症状・兆候が消失した状態。

ページトップへ